Jp:Pandora

From Pandora Wiki
Revision as of 12:48, 19 June 2011 by Popz (talk | contribs) (Created page with "{{IntroNote | このwikiは非公式の共同体プロジェクトであり、Open Pandora Ltd.は、その内容について責任を負いません。また、wiki自体もあ...")
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search

このwikiは非公式の共同体プロジェクトであり、Open Pandora Ltd.は、その内容について責任を負いません。また、wiki自体もあなたの装置に関する公式の情報源ではありません。
私たちは常により多くのヘルプを用意しています。あなたが参加することができる方法を見つけるために、 ここを見て下さい。

The Pandora.

Pandoraは第7世代携帯ゲーム機と小型コンピュータの組み合わせです。それはGP32GP2Xのような他のオープン携帯端末の精神的な後継者です。ここのデバイスはオープンです - その意味は、それを使用できるあなたが望むなら、開発者に対する制限や料金がなく、つまり誰でもPandoraのためにソフトウェアを書き、公開出来るということです。それは、Ångström Flag gb.png ベースのLinuxカスタムディストリビューションを実行する、現在利用できる最も強力なハンドヘルドのゲームコンソールです。

経緯

2008年9月30日、3000台の予約注文を受付けました。その後、この数が4000に増加しました。Pandoraのリリースは、Pandoraの大量生産と出荷が始まった2010年5月までに、数回延期されました。Production timeline Flag gb.png ページでは、経過が説明されています。

Pandoraのレンダリング

first batchでは、4000台の予約注文を330ドルで受付けました。現在このbatchのユニットは、組み立てられて顧客に出荷されています。4000台のsecond batchは、2010年7月に予約注文を受付けました。second batchの価格は349ドルでした。[1] Flag gb.png

first batchの履行中に、限定だが台数の決まっていない"インスタント"Pandoraが500ドルで購入可能となり、7日間で出荷されると約束されました [2] Flag gb.png 。 7日間の保証がまだ適用されていて、これはそれ以来、Pandoraを購入する唯一の方法となっています。

入手先

あなたは、Pandora [Webサイト] Flag gb.png 上のいずれかのリンクから、Pandoraを購入することができます。

機能

Pandoraは、ユニークなデバイスです。現在、専用ゲームコントロール(2つのアナログnubを含む)とQWERTYキーボードを持つ他のデバイスはありません。それは特に、主にゲーム機の古いシステムをエミュレートするデバイスを開発したり(参照、Emulator list Flag gb.png )、ネイティブのゲームを実行します(参照、Games Flag gb.png )。またこれは、ハンドヘルドコンピュータとして使用することができます。(フル機能のWebブラウザを使って)インターネットを閲覧中に音楽を聴いたり、映画や番組を見て、インスタントメッセージアプリなどを使用するなど、他のコンピュータであなたがすることの多くを実行するために使用することができます。(見て、Software projects Flag gb.png )

することが出来ない、いくつかのこともあります。具体的には、Pandora上で実行するように移植 Flag gb.png される可能性があるソースコードが使用可能な場合も、Windowsのみで使用可能なソフトウェアを実行することはできません。また、ほとんどの所有権のあるLinuxアプリケーション(それらはx86アーキテクチャ上で実行するように作られており、PandoraはARMを搭載しているので)は、移植なしで実行できません。

仕様

コアハードウェア

  • テキサス・インスツルメンツ OMAP3530 system-on-chip (SoC): [3] [4] 仕様は、このリンクで見つけることができます : [5] Flag gb.png
  • PowerVR SGX GPU (OpenGL ES 2.0, 毎秒数百万ポリゴン) OpenGL ES デモ: [6] Flag gb.png
  • 256MB DDR SDRAM (生産機、初期開発ユニットは128MB)
  • リアルタイムクロック (RTC) 内臓、常に時間の経過を追う: [7] Flag gb.png
  • 512MB 内臓フラッシュメモリ(NAND) (生産機、初期開発ユニットは256MB)
  • ROM ブートローダーによる、レンガ化防止
  • 寸法: 140 x 83 x 27 mm (見て、 サイズの比較)
  • 重量: 320g Flag gb.png (0.739 lbs)

ディスプレイ

  • 4.3インチ (93.6 x 56.2 mm), 800x480 ワイドスクリーン (5:3), タッチスクリーン TFT-LCD. [8] Flag gb.png
  • 輝度: 300 cd/m2, コントラスト比: 450:1, 応答時間: tr+tf=30ms. [9] Flag gb.png
  • ハードウェアに内臓されたTV出力、A/V-OUTポート(USB OTGポートに外観が似ている)は、コンポジットとS-ビデオ出力、3.5mmヘッドフォン出力、マイク入力を持つ
    • 独立したTV出力信号の、ピクチャインピクチャ機能 [10] Flag gb.png
  • 強力な2Dおよび3Dハードウェアアクセラレーション、次を参照して下さい [11] Flag gb.png

サウンド

  • 高品質のオーディオDACおよびADC
  • ステレオスピーカーは、ディスプレイの両側に組み込み
  • ハードウェアのボリュームコントロールはホイール
  • 内臓マイク [12] Flag gb.png

入力装置

接続性

  • 802.11b/g (Wi-Fi) Flag gb.png 内臓
  • Bluetooth Flag gb.png 2.0 + EDR (3Mbps). [16] Flag gb.png
  • USB Flag gb.png
    • フルパワー(500mA) タイプA USB Flag gb.png ホストポート
    • USB OTG mini-AB ポート
    • 適切なドライバがあれば、すべて使用することが可能 [17] Flag gb.png 。一部のデバイスは、最初に電源付きのUSBハブを経由する必要あり
  • RS-232 内臓、ただしレベルコンバータがUARTのために必要 [18] Flag gb.png
  • 2つのSDIO対応の SDHC/SDXC スロット

電源

  • リチウムポリマーバッテリー ~4000mAh
  • 合理的な負荷の下で最大10~14時間のバッテリー寿命、最大CPU負荷の下で8.5時間、ディスプレイをオフにして音楽を演奏~17時間 (ソース) (最大100時間、さらに最適化が可能であると主張 [19] Flag gb.png )
  • ACアダプタまたはUSB経由で充電可能 [20] Flag gb.png
  • 高度な電源管理機能: 最大クロックスピードをセットするのみ; CPUが何もしていない場合、自動的に停止し、電力を節約するために何もしない [21] Flag gb.png
  • 最終的に、RAMのサスペンドまたは、より長いバッテリ寿命のためディスクへ退避し、速く起動できるようになる予定。 見て、 電力モード

画像